なみだめぶろぐ

ああ、なみだめ

2012/04/20(金) 08:15:26

製造から組立まで全てを中国家電大手ハイセンスに委託
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120419/biz12041902070005-n1.htm

 ソニーが中国の家電大手ハイセンス(海信集団)と生産・販売面での提携交渉を進めていることが18日、わかった。生産コストの削減や中国での販売網拡大が狙い。また、ソニーが次世代テレビとされる有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)テレビの量産化に向けて、台湾大手の友達光電(AUO)と共同で技術開発を始めたことも判明。8年連続で赤字が続くテレビ事業の再建を加速させる。
 ソニーとハイセンスとのこれまでの交渉では、ハイセンス側がソニー製テレビの組み立て生産を受託したり、ハイセンスが持つ中国国内の販路をソニーが活用したりすることなどについて話し合いを進めている。2月にはソニー担当者が訪中するなど交渉を加速。早期に結論を得たい考え。



 ブラビアとは、ソニーが開発・発売しているデジタルハイビジョンテレビのブランド名。ブラビアエンジン、X-Reality、世界初の4倍速液晶技術など見るべき箇所も多いが、こうした中枢部分を国内での製造に限定していたため、製造原価が実勢販売価格の倍という逆転現象が発生していた。今後はこれらを中国企業にアウトソーシングして利益の向上を図る。

絵に描いたような売国企業ソニー。
チョンの後は支那かよ
まったく最近のソニーは何をやってもダメだな
ソニーが「ブラビア」製造から撤退して、中国製TVを「ブラビア」ブランドで販売開始

コメント
コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら